(HP-UX)LVM

HP-UXでのLVM操作方法。

ちょっと癖を感じるのでここにまとめてみる。

PV作成

# pvcreate? /dev/rdisk/disk000? #ここは物理ディスクのキャラクタデバイス

VG作成

# mkdir /dev/VG名
# mknod /dev/VG名/group c 64 0xhh0000? # メジャーは64で固定.マイナーは16進数で指定。一般的に上二桁はVG用、下4桁はLV用(全てユニークであること)
# vgcreate [-s エクステントサイズ] /dev/VG名 PVパス #ここはブロックデバイス

(後でvgimportする場合でもmkdir mknodを実施すること)

LV作成

# lvcreate [ -i ディスク数 -I ストライプサイズ] -n LV名 VGのパス #ここもブロックデバイス

おまけ・ファイルシステム作成

# newfs -F vxfs /dev/VG名/rLV名 #ここはキャラクタデバイス

タグ:
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です