[Linux]ネットワークインターフェースの通信モード(全二重/半二重/オートネゴシエーション)確認方法

Linuxでの、ネットワークインターフェース(NIC)の通信モード(全二重/半二重/オートネゴシエーション)確認方法

以下のコマンドを実行

# ethtool? <インターフェース名(eth0など)>
Settings for eth0:
Supported ports: [ TP MII ]
Supported link modes:?? 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes:? 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 100Mb/s????????????? ←リンク速度
Duplex: Full ←通信モード(全二重/半二重)
Port: MII
PHYAD: 1
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on ←オートネゴシエーションの有効
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: d
Current message level: 0x00000001 (1)
Link detected: yes

オートネゴシエーションを有効にしたいなら

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-<インターフェース名>
ETHTOOL_OPTS=”autoneg on”??? ←変更または追加
# service network restart

とある事情で、オートネゴシエーションを無効にして、100Mbps半二重固定で通信させたいなら

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-<インターフェース名>
ETHTOOL_OPTS=”speed 100 duplex half autoneg off”??? ←変更または追加
# service network restart

上記(100Mbps半二重固定)を一時的に反映させたいだけなら

# ethtool -s <インターフェース名> speed 100 duplex half autoneg off

わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です