[NNMi]設定のエクスポート インポート

NNMiの設定をエクスポート、インポートする方法。

設定作業前に設定内容をバックアップしたり、検証機などに設定を移し変えるときに使用できる。

このエクスポートの対象となるのは設定のみで、収集した情報(収集したSNMPトラップ、シードから検出したノードの情報およびSNMPで収集したインターフェースなどの情報、それに付随する管理モード(管理/非管理))はバックアップできないので注意。

以下のコマンドで設定をエクスポートする。
nnmconfigexport.ovpl -c all -f [出力するフォルダパス]
指定したフォルダにxmlファイルが複数出力される。

設定をインポートする場合はこちら。
nnmconfigimport -f [xmlファイルがあるフォルダパス]
インポートした際の設定は上書き。既存の設定とぶつかり矛盾が発生する場合は既存の設定を消去する。(同じインシデント名であるが、作成したタイミングが異なり内部的に持つuidが異なる場合)

タグ:
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です