linux スワップ領域追加(ファイル)

linuxでのスワップ領域追加(ファイル)

1.スワップ領域用のファイルを用意 128MBのスワップ領域を用意する
# dd if=/dev/zero of=/var/tmp/swapfile1 bs=1024k count=128 読み込んだブロック数は 128+0 書き込んだブロック数は 128+0 # chmod 600 /var/tmp/swapfile1
2.スワップ領域として準備する
# mkswap /var/tmp/swapfile1 スワップ空間バージョン 1 を設定します、サイズ = 134213632 バイト
3.スワップ領域を有効にする
# free total used free shared buffers cached Mem: 253248 250176 3072 1852 53340 128648 -/+ buffers/cache: 68188 185060 Swap: 522072 72836 449236 # swapon /var/tmp/swapfile1 # free total used free shared buffers cached Mem: 253248 246164 7084 1852 53536 124348 -/+ buffers/cache: 68280 184968 Swap: 653136 72836 580300
4.スワップ領域を解除する
# swapoff /var/tmp/swapfile1 # free total used free shared buffers cached Mem: 253248 249248 4000 1852 53680 128648 -/+ buffers/cache: 66920 186328 Swap: 522072 72836 449236
※スワップが使われているときは、解放されるまで待つ おまけ.スワップの使用状況確認
$ cat /proc/swaps Filename Type Size Used Priority /dev/hda2 partition 787176 120780 -1
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です