KSH のコマンド履歴 およびにファイル名補完を有効にする

KSH のコマンド履歴およびにファイル名補完を有効にする方法

シェルのviモードを有効にする。

$ set -o vi

viモードを有効にしたら・・・
Escキーを押して(viでいうところのコマンドモードにする)

[Escキー]

コマンド履歴は

Ctrl+K(一つ前(過去)のコマンド)
Ctrl+J(1つ後(直近)のコマンド)
/<検索ワード>[Enterキー] (コマンド履歴から検索)

ファイル名補完(bashでいうところのタブ補完)は

*(アスタリスクShift+:)
※補完できる状態まで入力している必要あり。候補が複数ある場合は全部rリストされるので注意。

タグ:
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です