DB2 SMSテーブルスペースチューニング

DB2のテーブルスペースのコンテナでSMSを使用する場合、Direct I/Oを使用するようにする。

理由は、Linuxカーネル(2.6)のファイルキャッシュとDB2のバッファプールが同じ働きをするから。

→要するに同じことを2回やっているので、処理時間とメモリ容量が無駄!

db2 “ALTER TABLESPACE <テーブルスペース名> NO FILE SYSTEM CACHING”

わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です