DB2 ユーザデータの格納場所の移動

DB2 ユーザデータの格納場所の移動

DB2 ユーザデータの格納場所(コンテナ)の移動する方法。

DB2のリダイレクトリストア(RESTORE コマンド)機能を利用する

1.テーブルスペース・コンテナ情報取得
 テーブルスペース名とテーブルスペースIDの確認

$ db2 “LIST TABLESPACES”

 テーブルスペースIDごとに現在のコンテナパスの確認

$ db2 “LIST TABLESPACE CONTAINERS FOR <テーブルスペースID>

2.バックアップ取得

$ db2 “BACKUP DATABASE <DB名> ~(以下省略)

3.リダイレクトオプションを使用して、リストアを実行。
 ※リストアはペンディング状態になる

$ db2 “RESTORE DATABASE <DB名> FROM <バックアップイメージディレクトリパス> TAKEN AT <使用データのタイムスタンプ(YYYYMMDDhhmmss)> REDIRECT

4.リストアするデータ格納場所(コンテナパス)の変更

$ db2 “SET TABLESPACE CONTAINERS FOR <テーブルスペースID> USING (path ‘<新しいコンテナのパス>‘)”

5.リストアを再開する

$ db2 “RESTORE DATABASE <DB名> CONTINUE

わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(キーワード検索なので的外れの場合もあります)
わからなければ以下の本を参考にしてもいいかも(機械検索なので的外れの場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です