Windows Server バックアップでベアメタルリストア

Windows Server バックアップを使用した、Windows Serverのベアメタルリストア方法。

試した環境:Windows Server 2012 R、HP Proliant DL120 Gen9、HP Dynamic Smart Array B140i、NTFSなNAS

都合上画面キャプチャはないのであしからず。ポイントだけ説明。

失敗しても責任は持ちませんので、各自で検証してください。

バックアップ編

■ Windows Server バックアップ

まずはWindows Server バックアップから。

[単発バックアップウィザード]の[バックアップする項目を選択]画面内の[項目追加]ボタンをクリック→[項目の選択]画面で[ベアメタル回復]チェックボックスにチェック。※このとき選択されないドライブがあるので自分でチェックを付ける。ドライブと同列にある[回復]は要らない。

■ ドライバファイル

次にWindows Server バックアップとは別にバックアップする必要のあるドライバファイルについて。

リストア時にドライバが必要になるので、デバイスマネージャを起動し、ディスクコントローラ(記憶域コントローラ)とネットワークアダプターのドライバーファイル名を確認する。ドライバファイルの確認方法はデバイス名のコンテキストメニュー(右クリック)の[プロパティ]をクリックして、プロパティ画面を表示し[ドライバ]タブ内の[ドライバの詳細]ボタンをクリックして表示されるドライバーファイルの名前を記録。

「HP Dynamic Smart Array B140i」なら「HPSA3.sys」

ドライバファイル一式は以下のフォルダ内に保存されている。
C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository
(以下、FileRepositoryフォルダ)

ドライバファイル名が「HPSA3.sys」なら「hpsa3.inf_」で始まるフォルダを探し、見つけたらそのフォルダごとDVDに焼いて保存する。(見つからなければFileRepositoryフォルダを「HPSA3.sys」で検索し見つかったファイルの存在するフォルダを保存)

B140iの場合、「hpsa3.inf_」で始まるフォルダ内にドライバのインストールに使用するセットアップ情報ファイル「hpsa3.inf」が存在するが、この「hpsa3.inf」ファイルの内容を参照すると「include machine.inf」と記載している箇所がある。これは「machine.inf」も必要ということなのでFileRepositoryフォルダの中から「machine.inf_」で始まるフォルダを探し、これもDVDに保存する。

リストア編

[今すぐインストール]ボタンがある画面の左下の[コンピュータを修復する]をクリック→[トラブルシューティング]→[詳細オプション]→[イメージでシステムを回復]→[システムイメージバックアップの選択]画面にて[システムイメージを選択する]を選択して[次へ]

[復元するコンピュータのバックアップの場所を選択してください]画面の[詳細設定]ボタンをクリック。

[ドライバをインストール]をクリック。ドライバを保存したメディアを装填。

ネットワークアダプターのドライバのセットアップ情報ファイル(xxx.inf)を選択。

ドライバのロードに成功し、[復元するコンピュータのバックアップの場所を選択してください]画面に戻ってきたら、Shift + F10 でコマンドプロンプトを呼び出して、IPアドレスを設定する。以下のコマンドを実行。(最初のipconfigでネットワークアダプタ名を取得)
> start /w wpeinit
> ipconfig
> netsh interface ip set address "ネットワークアダプタ名" static <IPアドレス> <ネットマスク> <ゲートウェイ>
> ipconfig

[復元するコンピュータのバックアップの場所を選択してください]画面の[詳細設定]ボタンをクリック。

[ネットワーク上のシステムイメージを検索する」をクリック。

[他の復元方法を選択してください]画面にて[ドライバーのインストール]ボタンをクリックして、ディスクコントローラのドライバをロード。

B140iの場合、hpsa3.infインストールは失敗するがコマンドプロンプトからdiskpart.exeを実行してディスクの一覧を表示するとディスクは見えている。
>diskpart.exe
DISKPART> list disk
ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 1863 GB 839 GB
ディスク 1 オンライン 2794 GB 458 GB
ディスク 2 オンライン 2048 MB 2048 MB

[他の復元方法を選択してください]画面にて[次へ]ボタンをクリックして、リストアを続行。

これで、Windowsもベアメタルリストアできるはず。

[windows]インストール後に使用者名を変える方法

Windowsのインストール後に「使用者名」を変更する方法
どこかのメーカーのインストールガイドCDが”使用者名”に半角英数しかうけつけてくれなくて日本語の名前が入力っできなかったとか、名前を間違っちゃったなんていうときの、”使用者名”の変更方法。

レジストリをいじります。

regeditを起動して([ファイル名を入力して実行]で「regedit」を入力してEnter)、ツリーで次を辿る[HKEY_LOCAL_MACHINESoftwareMicrosoftWindows NTCurrentVersion](CurrentVersionまで着たら、CurrentVersionをクリック)。

すると右側に[RegisteredOwner]や[RegisteredOrganization]がある。

この[RegisteredOwner]が”使用者名”、[RegisteredOrganization]が”組織名”。ダブルクリックして値を変更する。